偉人の名言集 知性にも理論にもほもを説得する力はない

カテゴリ: 科学者

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

科学ジャーナリズムの先駆者 評伝石原純 [ 西尾成子 ]
価格:3740円(税込、送料無料) (2020/8/29時点)




日本の物理学者です。長岡半太郎、アルベルト・アインシュタインに学ぶ。


アルベルト・アインシュタイン来日時は、通訳を務めました。

歌人でもありまして、アララギ派の伊藤左千夫に学ぶ。

女性関係で、アララギ派を脱会するという、のんけの鑑。


難解な出来事を簡単にする。

簡単そうに見えて、とてつもなく難しい。

難解な出来事を難解にする、自ら頭がいいと思っている馬鹿が、どれほど多いことだろうか。


自然をふかく研究して、そのなかから新しい法則を見つけ出すということは、人間にとっての最も大きなよろこびであり、之によって自然の限りなく巧妙なはたらきを味わい知るということは、わたしたちの心を何よりもけだかく、美しくすることのできる真実の道でもあります。昔から偉大な科学者たちは世のなかの一切の栄誉などにかかわることなく、ひたすらに自然のなかにつき入ってその秘密をさぐることに熱中しました。そこにはいろいろな苦心が重ねられたのでありましたが、それでも世界のなかで誰も知らない事がらを、自分だけがつきとめたというすばらしい喜びは、それまでの並々ならぬ困難をつぐなって余りあるものに違いなかったのでした。そして、このようにして科学は時代とともに絶えず進んで来たのでしたが、それが今日どれほど多く世のなかの人の役に立っているかは、誰も知っている通りであります。この事をよく考えて見るならば、わたしたちがふだんの生活において科学を利用して非常な便利を得ているにつけても、今までの科学者たちの多大の苦心に対して心からの感謝をささげないではすまないのでありましょう。


しかも科学の上での真理は永遠に消え失せることもなく、人間の社会が進めば進むほど、ますますそのなかにすばらしい輝きを増してくるようになるのです。


科学の実験というものは、少しやり出すと、それからそれへとおもしろくなるもので、またいろいろな知識を得て、新しいことをして見たくもなるのです。それでその頃誰でも聴きにゆかれるような講義のあるのを探し出しては、それを聴きにゆきました。そして気の合った友だちが見つかると、互いに励まし合いながら実験を一緒に行ったりしていました。



一人の偉い学者が出ると、それに続いてまた次にその仕事を進める人々が現れて来るもので、このラヴォアジエに次いでは、フランスにベルトレー、ゲイ・リュサック、イギリスにドルトン、イタリヤにアヴォガドロなどというすぐれた学者が出て来て、そのおかげで十九世紀の初頭には物化学の目ざましい進歩が実現するようになったのでした。


学問の上の仕事は、それが正しければ、立派に残っていて、いつかは見つけ出されて、その偉大な栄誉をになうことのできるものであるということが、この一事によってもみごとに証拠立てられるのです。


科学の上ですぐれた仕事を成し遂げることは容易ではありません。それでも熱情をこめて励みさえすれば、ある程度には到達することができるのです。




未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である。地図は探求の結果として、できるのである。目的地がどこにあるか、まだわからない。もちろん、目的地へ向っての真直ぐな道など、できてはいない。


春浅み藪かげの道おほかたは
すきとほりつつ消えのこる雪


病癒えて帰り行く身や北国の
人の情を家苞にして


まがつびよふたたびここにくるなかれ
平和をいのる人のみぞここは




碧の湖の岸に建っている白い塔の中に、金髪の王女が百年の眠りを眠っている。少年の日にその姿を現実の形に見ることの出来た人が、案外科学上の新分野を開拓して、新しい日本の存在意義を世界に示すようなことになるかもしれない。


人間の眼に盲点があることは、誰でも知っている。しかし人類にも盲点があることは、余り人は知らないようである。卵が立たないと思うくらいの盲点は、大したことではない。しかしこれと同じようなことが、いろいろな方面にありそうである。そして人間の歴史が、そういう瑣細な盲点のために著しく左右されるようなこともありそうである。


前人未踏の最初の着想というものは、決して安易な思い付で得られるものではない。それはどこまでもじっと喰い入っていく人間の精神力が、凝りに凝ったものなのである。


前人未踏の新しい着想、しかも現実にわれわれの眼前にあるすべての物質の、最も深いところに秘められている法則である。それは最高の詩人だけに時折その片鱗を見せるあの天の啓示のように、時々ひらりとかすかな光を見せる。しかしそれを捕えようとすれば、既にあとかたもない。未生以前の記憶をよび起そうと努力するような、やるせない苦しみである。


「そんなことがあるはずがない」と言い切る人があれば、流言蜚語は決して蔓延しない。しかしこの「はずがない」と立派に言い切るには、自分の考えというものを持つ必要がある。そしてそのことは実はかなり困難なことなのである。特にこの数年来のように、もはや議論の時期ではない唯実行あるのみというような風潮の中では、その精神は培われない。


魚の体色が、水質でこれほどちがうものとは知らなかった。人間の皮膚の色も、こんなに変えられたら、人種問題の解決に、大いに役立つかもしれない。


野菜たとえばなっぱなど、ぜんぜん味付をしないで、そのまま天火でむしたものに、塩だけをふりかけて食べるのは、初めはひどく味気なく感ずる。しかし、一二カ月もこういう料理を毎日食べていると、しだいに英国料理の良さがわかってくる。野菜のもっている天然の美味は、こういう料理をした時に、初めてその本来の味を具現してくれるので、いかに粋を凝らしても、人工の調味でだせる味ではない。


漬物にしても、塩魚にしても、材料の新鮮さはもちろんのことであるが、塩の良否もそれに劣らぬ大切な役割をする。良い塩を使ったそれらの食物は、大地の美味を具現してくれるが、その味は微妙なところにあるので、食物を恵みとして受けとる心がなければ、感受することができない。


今日の私たちは、皆地質学の初歩の知識をもっている。そして山から魚の化石の出ることをそう不思議とは思わない。しかし海底が隆起して山の頂きになることは恐ろしいことである。


分り切ってると思う方は、科学普及書の改善によってあるいは是正出来るかもしれない。しかしそれに本当に驚くような心を育てるには、それだけではむつかしいであろう。ひょっとすると『西遊記』教育のようなものが、案外有効なのかもしれないが、ちょっと危険な方法なので、誰にでもすすめるというわけには行かない。しかし麦は一度踏まねば発育が悪いということは、一応知っておいてよいことである。




第三次世界大戦についてはわかりませんが、

第四次大戦についてはわかります。石と棍棒でしょう。

全体的破滅を回避するという目標は、

あらゆる他の目標に優先せねばならない。

無限なものは二つある。宇宙と人間の愚かさ。

前者については断定できないが。

人間のは余計だ。愚かなのは人間以外にない。

神はサイコロを振らない

私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。

野望や単なる義務感からは、本当に価値あるものは何も生まれない。

それは目標となる物事への愛と献身から生まれる。

私が知りたいのは、神がどうやってこの世界を創造したかということです。

真理や知識の領域において、

裁判官になろうとする者はみな、

神々の笑いによって難破してしまう。

神の前では、我々は平等に賢く、平等に愚かである。

奇跡はどこにもない。全てが奇跡だ。

世界について最も理解できないことは、

世界が理解できることである。

賞賛による堕落から逃れる方法は唯一つ、

仕事を続けることである。

人は立ち止まって賞賛に耳を傾けがちであるが、

唯一なすべきは賞賛から耳をそらし仕事を続けること、

それ以外の方法はない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀座アルプス (角川ソフィア文庫) [ 寺田 寅彦 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)




西洋の学者の掘り散らした跡へ遙々遅ればせに鉱石のかけらを捜しに行くのもいいが、

 

我々の脚元に埋もれている宝を忘れてはならないと思う。

 

 

頭の悪い人は、頭のいい人が考えて、はじめから駄目に決まっているような試みを、一生懸命につづけている。

 

やっと、それが駄目と分かる頃には、しかし大抵何かしら駄目でない他のものの糸口を取り上げている。

 

そうしてそれは、そのはじめから駄目な試みをあえてしなかった人には決して手に触れる機会のないような糸口である場合も少なくない。

 

 

疑う人におよそ二種ある。

 

先人の知識を追究してその末を疑うものは人知の精をきわめ微を尽くす人である。


何人も疑う所のない点を疑う人は知識界に一時機を画する人である。

 

本当に人間は神が創造した唯一の特別な生物なのか?


本当に野獣先輩はほもなのか?

 

吾々は学問というものの方法に馴れ過ぎて、あまりに何でも切り離し過ぎるために、あらゆる体験の中に含まれた一番大事なものをいつでも見失っている。

 

肉は肉、骨は骨に切り離されて、骨と肉の間に潜む滋味はもう味わわれなくなる。これはあまりに勿体ない事である。

 

 

酒や宗教で人を殺すものは多いがコーヒーや哲学に酔うて犯罪をあえてするものはまれである。

 

前者は信仰的主観的であるが、後者は懐疑的客観的だからかもしれない。

このページのトップヘ