[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

郷愁と童心の詩人 野口雨情伝 [ 野口 不二子 ]
価格:3038円(税込、送料無料) (2020/8/29時点)




恋は さめたし

この世は
夢か

恋も 捨てたし
この身も
夢か

なぜに かなしい
この世の
夢よ


十五の春は
昨日の夢

もう十六の
春が来た

十六の 春も
昨日の夢とすぎ

また十七の
春が来る


一丁目の子供
駈け駈け 帰れ

二丁目の子供
泣き泣き 逃げた

四丁目の犬は
足長犬だ

三丁目の角に
こつち向いてゐたぞ


童謡は童心性を基調として、真、善、美の上に立つてゐる芸術であります。

 童謡の本質は知識の芸術ではありません、童謡が直に児童と握手の出来るのも知識の芸術でないからであります。

 童謡が児童の生活に一致し、真、善、美の上に立つて情操陶冶の教育と一致するのも超知識的であるからであります。


ころの涸渇は民謡によつて救はれ、民衆の感情も民謡によつて救はれるのである。民謡は社会教化の上にも、強い力をもつてゐたのであつた。

 民謡は限られた階級文芸ではない。土の上の詩人によつて発見される民衆の詩である。


このことを石川が地下で聞いたならば苦笑をもらすか、微笑をもらすか、石川のことであるから多分苦笑をもらし乍ら煙草を輪に吹いてだまつてゐるだらうとそれが私の目に見ゆるやうに感じられてくる。


兎はお山で
遊びます

お月さんお空で
見てゐます

兎とお月さんは
昔から

誰でも知つてる
お仲よし


洪水の跡に
コスモス咲き

赤い蜻蛉が
とまつてゐる

赤い蜻蛉よ
旅人は
どこまで行つた


潮がれ浜で聞く唄は
みんな悲しい
唄ばかり

沙の数ほどかぞへても
別れた人は
帰らない

涙ぐましくなつて来て
泣かずに 泣かずに
ゐられよか