江戸時代の曹洞宗の僧侶。子供達の目線で、共に遊んだ。また和歌や書も有名です。

懸命に戦い完敗し、恥を知り滑稽だけども滑稽がゆえに、力強い戦法を学んだ。

努力している者が、遊んでいる者に勝てるわけがない。

『ごん狐』で知られる新美南吉が、彼を題材に執筆しています。『良寛物語 手毬と鉢の子』

ある程度分量がありますが、非常に読みやすいので、良かったらよんでどうぞ。


形見として何か残さん春は花
山ほととぎす秋はもみぢ葉

川端康成の『美しい日本の私―その序説』において、引用されています。


命あらばまたの春べにたづね来ん
山の櫻をながめがてらに


この宮の森の木下に子供らと
手まりつきつつ暮しぬるかな


この里に手まりつきつつ子供らと
遊ぶ春日は暮れずともよし


ひさがたの空よりわたる春の日は
いかにのどかけきものにぞありける


ひさがたの雨の晴れ間に出でて見れば
青み渡りぬ四方の山々


深見草今を盛りに咲きにけり
手折るも惜しし手折らぬも惜し


歌もよまん手毬もつかん野にも出でん
心一つを定めかねつも


思ふまじ思ふまじとは思へども
思ひ出しては袖しぼるなり


ひさがたの月の光の清ければ
照しぬきけり唐も大和も


月よみの光をまちてかへりませ
君が家路は遠からなくに


散りぬらば惜しくもあるか萩の花
今宵の月にかざして行かん


夢ならばさめても見まし萩の花
今日の一日は散らずやあらなん


晴るるかと思へばくもる秋の空
うき世の人の心知れとや


もみぢ葉のさきを争ふ世の中に
何をうしとて袖ぬらすらん


心なきものにおあるか白雪は
君が来る日に降るべきものか


白雪の日毎に降れば我が宿は
たづぬる人のあとさへぞなき