[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベニスに死す (集英社文庫) [ トーマス・マン ]
価格:495円(税込、送料無料) (2020/8/29時点)




もしあなたが、口で言うべきことをあまりに大事がったり、それに対して心臓があまり暖かく鼓動しすぎたりすれば、あなたは完全な失敗を招くものと思って間違いはありません。

愛情だけだったら、確実に失敗するのね。

#トーマス・マン


トーマス・マンを好んだ日本人と言えば、三島由紀夫。

三島由紀夫の作品の題名は、『仮面の告白』『美徳のよろめき』『春の雪』のように、

正反対のものを組み合わせた題名があります。

ヨーロッパの二元論を、トーマス・マンから初めて学んだと。


三島由紀夫が、ラディゲの死を書いているのですが、

いまいち面白くない。

愛情が強すぎて、上手くコントロールできてないからだと思うのね。

一応念の為、ラディゲは、鳥人戦隊ジェットマンの敵やね。


トーマス・マンの作品の中では、詐欺師フェリークス・クルルの告白が一番好き。

ピカレスク・ロマン小説。

主人公クルルが、悪事を働き続け、それが成功し続け、出世の階段を上っていく。

トーマス・マンの死により、未完に終わりました。


ヒトラー政権の犯した犯罪の罰として、ドイツ民族に十年の懲罰を与える権利を英米人に与えたノーベル賞作家

ベルトルト・ブレヒトの言葉


冨樫義博先生の幽遊白書にでてくる柳沢光成というキャラクターを、

覚えておられる方はいますかね。

声優は真殿光昭さん。

モデルは柳沢慎吾さんでしょうね。

片想いの黒髪のロングの女性に、告白しようとして出来ずに、

ボーイッシュな子と結婚するのね。