[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

202X 歌集 [ 藤原龍一郎 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)




西新宿のビルのむこうにゴジラ顕ち神のごとくにほほえみており

ひざまづくわが目の前に小太りの神がバッテン印を出しぬ

神の罰神の罰とぞくり返し業平橋行き都バス待ちおり

言の葉をもて遊びたる罰なるや夢みる頃を過ぎてまた夢

こんな眼をわれもしているヌイグルミ売場に千の虚無の眼ひかる

株価表示ボード刻々点滅し神々は何告げんとせしか

曖昧な日夜と言われ異論なき靴下を履く時脱ぐ時も

哄笑の余韻は真夜の寝室になおも残りて月ぞ蒼白

殲滅という文字の連鎖が夢に出て非芸術的疲労に浸る

寒き日の寒き雷鳴そのかみの満州国は如何なる楽土

またとなけめ終の至福の呪文にて純粋の毒呻りたけれど

明日は夏至永久に帰れぬあの夏のヨットの真赤なしくずしの死

リボ払い停止のしらせ届けられ世紀の替り目の家長なる

首絞め強姦殺人魔小平義雄42歳逮捕される

書き散らして棄てし瀕死の詩語いくつ北のはたてのまた北の北

血がにじむまで唇を噛むことに意味などあらぬ今日このごろは

錠剤コーヒーをもて呑み下し詩人にあらず刺客にあらず